順張りと逆張り、どっちが良い?

初心者は逆張り好きが多い?

相場の流れを掴み、取引に優位性を持たせる。

為替市場は24時間開いており、好きな時間に好きなだけトレードが出来る。これは大きなメリットであるとともに、且つデメリットでもあるということ。トレードは、自分の都合に合わせて取引するのではなく、相場の流れに合わせた取引を行うことで負けにくくなる。

 

相場には、値動きが一方向へ続くトレンド相場と、値動きが小さく方向性のないレンジ相場がある。トレンド相場には、値動きが上昇方向へ進んでいく上昇トレンドと、下降方向へ進む下降トレンドの2つに分かれます。単純に上昇トレンド中にHighエントリー、下降トレンド中にLowエントリーで取引を行えば勝率が良い。大衆の流れに逆らわず、身を委ねるだけ。一般的に順張りトレードは初心者向きと言われています。

 

では、なぜ順張りではなく、逆張り派が多いのか…?

値動きではなく、シグナルに頼りすぎている。

投資経験の浅い方は、知識や経験がない為、明確なエントリーサインを求めがちです。確かに勝率が高く、分かり易いサインやシグナルだけで、稼ぎ続けられるのであれば苦労はしません。みんな億万長者です。相場はそんな甘い世界ではありません、寧ろ殺るか殺られるかの厳しい世界です。ちょっと投資をかじった程度の初心者さんが、誰が見てもすぐに分かるようなサインで、トレンドの流れに逆らう逆張りエントリーで勝ち続けるという事は不可能に近いと思います。

 

流れを把握した上で、大衆心理の逆をつく。

順張りと逆張りは、住み分けが必要

いわゆる逆張りと言われる手法。そもそも人によってどの流れを逆張りと呼ぶのかの定義が変わってきます。例えば1分足で見る場合、トレンドが出ている方向の逆へエントリーするのが逆張りなのか、エントリー直前のロウソク足を見て逆張りエントリーなのか。押し目買いや戻り売りでエントリーは順張り?逆張り?ん~、ややこしいですよね。たまに、「それは逆張りじゃなくて順張りでしょう!」と突っ込んでくる方とかもいますが… 個人的にはどちらでも良いと思いますし、使います。笑

 

考え方も、手法も、人それぞれ。勝てているのであれば、それがその人にとっての正解なのです。どれが正しくて、どれが間違いかなんてないと思います。

 

トレンド相場での逆張りは、大衆の流れに逆らい、一瞬の隙を突く事になる為、上級者向けの高等テクニックと言えるでしょう。

 

レンジ相場で力を発揮

一定ラインの間で上下するレンジ相場では、ストキャスティクスやRSIといったオシレーター系のインジケーターを用いた手法が有効的です。

 

 

レンジ相場

Range

上の画像は3分足の一定のレンジ内に於いて、意識されている値に水平ラインを引き、RSIのパラメーターの数値をバイナリー用に設定したものになります。RSIの20ライン以下又は80ラインを超えた所で、次の3分を逆張りエントリーします。画像を見て頂くと、矢印を付けた位置でRSIが反発しているのが分かります。(※矢印はシグナルとして設定出来るインジケーターもありますが、この画像では目安として後から記述したものです。シグナルではありません。)

 

トレンド相場

Trend

レンジ相場からトレンドが発生し、オシレーターの弱点でもあるインジケーターが張り付いてしまう現象が起こります。これはダマシと呼ばれており、トレンド発生中はこのダマシが多く、捕まってしまうととても厄介です。逆張り派の人達は、次こそ反転だ!次は必ず!と、次第に熱くなり過ぎて、せっかくコツコツと利益を重ねていたのにも関わらず、トレンドが発生していることに気づかず(いや…気づいているはずw)に資金を溶かしてしまうのです。

 

天気と同じで曇り始めてきた時は雨が降ってくるかも?と、警戒しますよね。相場も同じで流れが変わり始め雲行きが怪しくなってきたら、一旦取引は休止しましょう。

いわゆるメンタルコントロールと呼ばれる、重要事項です。

 

 

↓いいね!ポチっとお願い致します!

ブログランキング・にほんブログ村へ   

にほんブログ村  Tweet または RTして頂けたら嬉しいです!