トレーダーの動きが丸分かり!最強インジケーター!

 

ライントレードには欠かせないオープンオーダー情報

市場では多くのトレーダー達が、富を得るため戦略を練り、罠を仕掛け、狩りに行く。弱肉強食の世界。弱き者(情弱)は市場の養分となり、強き者(有識者)に資金を根こそぎ狩られてしまいます。その世界で生き抜くためには、他のトレーダーがどこの値を意識し、「売り」や「買い」を仕掛けようとしているのかを把握すること。把握した上で、戦略や戦術を立てて取引を行うことをおすすめします。

 

OANDA Open Order

未執行注文(Open Orders)と未決済ポジション(Open Positions)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オアンダジャパンの口座を利用しているトレーダーが保有しているポジションが、チャート上で今現在(20分毎)どこの値に「売り注文」や「買い注文」が多く入っているのかが、ひと目で分かるインジケーターです。

上の図は、オアンダの顧客注文情報をもとに、指値注文やストップ注文等の注文状況をグラフ化したもので、抵抗線(レジスタンスライン)または支持線(サポートライン)の価格帯を探るのにとても参考になります。自分以外のトレーダー達が意識しているラインが分かり、ライントレードをしてみたいけど、どこにラインを引けば良いのか分からずライン引きが苦手という方には、この注文情報をもとに取引してみると良いかもしれません。

(※ こちらのインジケーターはサイト内のTRADING TOOLページにも設置しております。取引前にご利用下さいませ。)

 

 

MT4 Open order indicators

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上のインジケーターは、MT4に表示させて使うことのできるインジケーターになり、オアンダジャパン口座の開設と一定条件をクリアしないと手に入りませんが、他にはない魅力的でかなり役立つツールで重宝しています。

このインジケーターはOANDAグループ内による顧客情報をもとに作成されている為、市場全体の注文というわけではなく、値動きに影響を与えない可能性もありますが、厚めの大きい注文が入るラインはチャート上の多くのトレーダーが意識しているポイントであることが見て分かるかと思います。大きめの注文が入っている値には、オアンダ以外の市場参加者もライン近辺に注文を入れている場合も多く、スキャルピングやバイナリーオプション等の短期トレーダーの方には有効的なインジケーターになるのは間違いなし!と言っても過言ではありません。

        オレンジのバーが売り注文(売り指値)

        青いバーが買い注文(買い指値)

長めのバーにはラインが引かれており、それぞれ厚めの注文が入っている値になります。厚めラインにタッチした後に大きく反発し、節目となっているのが分かります。根拠となる水平線ラインを引き、これを基準にライントレードを行えば、無駄なエントリーも減ることでしょう。

結果を求めるのではなく、質の良いトレードを心がけ、鍛錬を繰り返すことで自ずと結果がついてくるのではないでしょうか。

 

↓いいね!ポチっとお願い致します!

ブログランキング・にほんブログ村へ      

にほんブログ村  RTまたはフォローする