トランプアルゴ!? AIがトランプ氏のツイートを分析し、株で自動取引。

 

トランプ氏のツイートで株自動取引、米企業がAIプログラム開発

2017年01月31日 12:24 

 

トランプ氏のツイートで株自動取引、米企業がAIプログラム開発

ドナルド・トランプ米大統領。ホワイトハウスで(2017年1月30日撮影)。(c)AFP/NICHOLAS KAMM

 

【1月31日 AFP】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領がツイッター(Twitter)で繰り出す個別企業への攻撃。それを投資に生かそうと、テキサス(Texas)州の企業が人工知能(AI)を使ったプログラムを開発した。トランプ氏のツイートを分析して株価の変動を予想、瞬時に取引をこなすもので、すでにトヨタ自動車(Toyota Motor)のメキシコ工場建設への批判などから大きな利益を上げたという。広告inRead invented by Teads プログラムはその名も「トランプ・アンド・ダンプ(Trump & Dump)」。AIを活用して株価の変動につながるトランプ氏の投稿を特定し、株価にプラス材料になるかマイナス材料になるかを即座に判断、素早く取引を執行できる。 開発したテキサス州オースティン(Austin)のマーケティング・テクノロジー企業、T3のベン・ガディス(Ben Gaddis)社長はAFPの取材に、トランプ氏が政権移行期にツイッターで米ボーイング(Boeing)やロッキード・マーチン(Lockheed Martin)を攻撃すると、その株価が急落するのを目の当たりにしたことがきっかけになったと説明した。「トランプ氏の予測不能なツイートにどのように対処すればよいか、誰もが自問自答している」(ガディス氏)。そこでT3が取り組むことにしたのが、トランプ氏のツイートを基にして自動で取引するプログラム(ボット)の開発だった。 同社はこれまでの運用成績に満足しているといい、2回の取引で「大きな利益」が上がり、3回目は「若干」の損失だったと明かしている。 T3のウェブサイトに掲載された動画によると、1月上旬にトランプ氏がトヨタのメキシコ工場建設計画を批判した際には、同社の株価が下落すると見込む取引で「非常に大きな」利益を得たという。 同社は取引で得た利益を米国動物虐待防止協会(ASPCA)に寄付していると明らかにした上で「トランプ大統領がツイートすれば子犬が救える」と述べている。(c)AFP

情報源: トランプ氏のツイートで株自動取引、米企業がAIプログラム開発 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

 

 

 

米大統領選、AIはトランプ有利を予測

AIとは人間の頭脳を真似、様々な情報から答えを導き出すシステムだ。しかし情報のインプットによっては時にとんでもない答えが出ることもある。例えば今年3月、マイクロソフト社は開発中だった「Tay」という喋るAIシステムを削除する、と発表した。ツイッター上に登場し、「まるでティーンエイジャーの女の子のような話し方をする」AIとして話題となったが、登場後わずか24時間でTayは「ブッシュが2001年の同時多発テロの犯人。ヒトラーが生きていれば現代の指導らよりも偉大な仕事をしただろう。ドナルド・トランプこそ私たちに残された最後の希望」などとツイートするようになった。

 これはTayが参加したチャットグループなどから、彼らの言葉を学び、情報の多いものを優先的に「正しい」と判断したために起こった。こうした発言のほか、英語ではタブーとされる4文字ワードやセックスがらみの発言も多く、「実際の人間が発する言葉から正しく情報を読み取ることの困難さ」「良識を備えない機械の限界」と批評された。

 

iStock
 

インド発のAI「MoglA」

 そんな中でインドで開発されたAIシステム、MoglAが、驚きの予測をしたことが話題になっている。MoglAはグーグル、フェイスブック、ツイッター、ユーチューブなどのインターネットサイトをスキャン、分析し、そこから未来予測をする、というAIだ。過去にはインドでの選挙や米大統領選挙の結果を正しく予測したという。

 MoglAは2004年にサンジャブ・レイ氏が設立したGenic.aiという企業により開発されたもの。当初から選挙結果の予測を売りにしており、今年の米大統領選挙予備選ではヒラリー・クリントンとドナルド・トランプという2人の勝者を正しく予測した。

 ところがこのMoglAによると、今年の米大統領選挙の最終的な勝者は「ドナルド・トランプ」だという。

 MoglAは膨大なインターネット情報の中から「一般大衆がどれだけネット上で候補者のサイトにアクセスしたりその言動を引用したりしたか」を割り出し、その数値が高い方を評価する。しかしあくまで「数」が問題で、その内容については判断しない。

 実際、ヒラリーとトランプのツイッターのフォロワーの数を比べるとヒラリー約1000万人に対し、トランプは1280万人。過去のツイート数もヒラリー9500弱に対しトランプ3万3800強、と圧倒的にトランプが多い。発言が多ければそれにアクセスする人の数も多くなる。

 また、トランプ氏には何かと問題発言が多く、それがネットでニュースになることも当然ながら多い。トランプ批判のニュースサイトであっても、そこにアクセスする人が多ければMoglAは「ネット上でトランプに関心を持つ人が多い」と判断する。

情報源: 米大統領選、AIはトランプ有利を予測  WEDGE Infinity(ウェッジ)

 

 

↓いいね!ポチっとお願い致します!

ブログランキング・にほんブログ村へ   

にほんブログ村  RTまたはフォローする


髪型がそっくりな新種のトランプ氏見つかる。

 

新種の蛾にトランプ氏の名前、頭部の形状が髪型にそっくり

1月19日、米カリフォルニア州からメキシコのバハカリフォルニア州に生息する新種の小さな蛾が、トランプ次期米大統領にちなんで「ネオパルパ・ドナルドトランピ」と名付けられた。頭部の形状が、トランプ氏の髪型に似ているためという。提供写真(2017年 ロイター/Courtesy of evolutionary biologist Vazrick Nazari)

 

新種の蛾にトランプ氏の名前、頭部の形状が髪型にそっくり 1月19日、米カリフォルニア州からメキシコのバハカリフォルニア州に生息する新種の小さな蛾が、トランプ次期米大統領にちなんで「ネオパルパ・ドナルドトランピ」と名付けられた。頭部の形状が、トランプ氏の髪型に似ているためという。提供写真(2017年 ロイター/Courtesy of evolutionary biologist Vazrick Nazari)[19日 ロイター] – 米カリフォルニア州からメキシコのバハカリフォルニア州に生息する新種の小さな蛾が、トランプ次期米大統領にちなんで「ネオパルパ・ドナルドトランピ」と名付けられた。成虫の黄色がかった白い頭部の形状が、トランプ氏の髪型に似ているためという。進化生物学者バズリック・ナザリ氏が、17日付の科学誌ズーキーズに掲載した記事上で公表した。同氏は「この命名は、蛾の前頭部の形状がトランプ氏の髪型に似ていることにちなんでいる。まだまだ多くの未発見の種が暮らしている米国の繊細な生息地を守り続ける必要があることに、より広く注目してもらうためこの名前を選んだ」と述べた。

 

出典元: 新種の蛾にトランプ氏の名前、頭部の形状が髪型にそっくり | ロイター

 

 

トランピの「ピ」ってww 毒蛾なんでしょうかねぇ…。

ちなみに「ガ」と「チョウ」には明確な区別はないって知ってました?

蛾がトランプなら、チョウの新種にはヒラリーって付けるしかないですね。

区別なき似た者同士ってことで…。

 

 

 

 

↓いいね!ポチっとお願い致します!

ブログランキング・にほんブログ村へ  

にほんブログ村  RTまたはフォローする


投資家ソロスの誤算、トランプ相場で損失額はおよそ1140億円!

 

どんなに偉大な投資家であっても、リスクはつきもの。

相場は常にハイリスクと隣合わせになっていることを忘れない為に…

ソロス氏「トランプ相場」で誤算 損失10億ドル近く :日本経済新聞

ソロス氏「トランプ相場」で誤算 損失10億ドル近く 米紙報道2017/1/13 10:33 保存 印刷その他 【ニューヨーク=大塚節雄】著名投資家ジョージ・ソロス氏(86)が昨年11月の米大統領選後の株高で巨額の損失を出したことが明らかになった。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が12日報じた。トランプ氏の勝利によって株安になるとみて投資戦略を立てたが、予想に反して急伸。損失額は10億ドル(約1150億円)近くに及んだという。 ソロス氏は、英中央銀行を相手に巨額の英ポンド売りを仕掛けた1992年の「ポンド危機」で有名。近年は慈善活動が目立ったが、昨年に投資の前線に復帰したと伝えられていた。米大統領選では民主党候補のヒラリー・クリントン氏を支持していた。同紙によると、損失の出た取引の多くは昨年末までに手じまいしたという。 著名投資家の間では、トランプ氏支持を公言していたカール・アイカーン氏や、ポンド売りでソロス氏と組んだスタンレー・ドラッケンミラー氏は、大統領選後の株高などで利益を上げたとされている。予想外とされた「トランプ相場」。歴戦の投資家の間でも明暗を分けた形だ。

 

出典元: ソロス氏「トランプ相場」で誤算 損失10億ドル近く  :日本経済新聞

 

 

そもそもジョージ・ソロス氏ってどんな人?

ジョージ・ソロス

生誕  Schwartz György(シュヴァルツ・ジェルジ) 1930年8月12日(86歳) ハンガリー王国・ブダペスト

出身校 ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (B.Sc., Ph.D.)

職業  投資家 投機家 慈善家 哲学者 政治運動家

純資産 277億ドル (2015年9月)

宗教  なし (無神論者)

配偶者 Annaliese Witschak (1960–1983) Susan Weber Soros (1983–2005) Tamiko Bolton (2013–現在)子供 5人(Robert, Andrea, Jonathan; Alexander, Gregory)

親 Tivadar Soros(父), Elizabeth Soros(母)親戚 Paul Soros(兄)

ジョージ・ソロス(George Soros、1930年8月12日 – )は、ハンガリー・ブダペスト生まれのハンガリー系およびユダヤ系アメリカ人の投資家・投機家、慈善家。ハンガリー名はショロシュ・ジェルジ(Soros György)。「イングランド銀行を潰した男」

出典元: ジョージ・ソロス – Wikipedia

 

1140億円の大損、今回の損失って大損なの?

投資に対する勝ち組の思考や資金管理について考えてみました。

 

そもそも純資産が277億ドルって… 未知数…。

ソロス氏の損失額が約10億ドル。今の相場で言うと1ドル114円台なので、日本円にして1140億円

この数字、損失額だけ聞くと、ものすごい大負けしたように感じますが、ソロス氏の純資産から考えるといかに偉大な投資家なのかが垣間見えます。

一般的にリスク管理として1回の取引額は原資の2%程度に留めておくのが好ましいと言われており、今回の損失額は純資産のおよそ3.6%程度

そう考えると、ソロス氏にとっては想定範囲内の損失なのではないでしょうか。

確かに10億ドルと聞くと、一般庶民にはピンとこないし、想像すらつかないとんでもない損失額になりますが、メディアが損失額だけ煽って騒いではいるけど、こうやって純資産と照らし合わせて見ると、有識者の投資に対する考え方、思考がものすごい大切だということが分かりますね。

 

よく、「メンタルが大事!」「メンタルコントロール!」と、言われていますが…

メンタルって何?人間だから仕方ないじゃないか! と思ってしまいがちですが、リスク管理が出来てからこそ、はじめて冷静な判断が保てるのではないのでしょうか。

 

 

 

↓いいね!ポチっとお願い致します!

ブログランキング・にほんブログ村へ   

にほんブログ村  Tweet または RTして頂けたら嬉しいです!